【読書感想】希望の糸(東野圭吾)

大人気作家である東野圭吾さんの小説はほぼすべて読んでいます。

私が小説の面白さにはまったのは、東野圭吾さんの「むかし僕が死んだ家」を読んだことがきっかけでした。ミステリーの面白さに目覚めました。

希望の糸は加賀恭一郎シリーズなので図書館での予約が1000人以上待ちになっていました。すごい人気ですね。

割と早めの方で「あぁ、これは〇〇に関する話だな」と気付いてしまうのですが、どういう結末を迎えるのか気になって一気に読んでしまいました。

親子の話なのですが、最後の方は少し感動する場面があります。

加賀恭一郎シリーズは殺人事件が絡むものの、人間の愛や情や矛盾などを丁寧に描いていて面白いなぁと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
スポンサーリンク
晩婚夫婦のお気楽ブログ
タイトルとURLをコピーしました